■「出産・育児・介護により休業する」ときの手続き
雇用保険被保険者休業開始時賃金月額証明書
◆提出事由 :  「賃金月額証明書」および「受給資格確認票」は、満1歳未満(一定の要件を満たす場合、1歳6ヶ月未満)の子(実子であるか養子であるかを問わず)を養育するために休業を取得した被保険者(男女を問わず)について、支給要件に該当した場合に支給される育児休業給付(育児休業基本給付金および育児休業者職場復帰給付金)の受給に関して、休業前賃金の証明や受給資格の確認を受けるため提出します。ただし、被保険者本人が受給資格確認票の提出を希望する場合には、証明書のみの提出となります。
◆提出期限 :   育児休業を開始した日からの翌日から起算して10日以内
◆提出先 : 事業所の管轄の公共職業安定所
◆提出者: 事業主
※ただし、被保険者本人が希望すれば、「受給資格確認票」については提出することができます。この場合、「賃金月額証明書」を事業主が提出した際に交付された「賃金月額証明票」を持参します。
◆添付書類等: ●賃金台帳
●出勤簿(またはタイムカード)
●被保険者の母子健康手帳の写し等
●被保険者期間算定対象期間が12ヵ月に満たない場合、従前の事業所の離職票

◆記入上のポイント
 基本的に「雇用保険被保険者離職証明書」を記入する要領で記入してください。
◆その他の注意:賃金基礎日数が11日以上とれない月があって、1枚の用紙で足らないときには、同じ用紙を続紙として使用してください。
◆提出にあたり:実際に公共職業安定所に提出にいく者は、賃金月額証明票(この用紙の3枚目)を受領する際に受領印が押印できるように自分の認印を持っていくか、あるいは「賃金月額証明票受領印」の欄に押印して提出します。